太平洋フェリー「きそ」の2等和室紹介

「きそ」の2等和室

初めて乗る太平洋フェリー「きそ」。

 

初めて乗るお席は必ず一番安い席から。
次回乗る時から少しずついい席に乗るようにしています。

 

5デッキの2等和室はゲームセンターの奥で、
B寝台入り口と同じになっています。

 

では2等和室とはどんなお席か。
5デッキに4室、7デッキに4室あり、1部屋定員15〜16人の大部屋で、
マットレス・キルトケット・まくらが備え付けられています。

 

部屋に入るドアは2カ所あり、入ったところに靴箱がありますので、
靴はこの中に。

 

左のドアから入って左側には更衣室がありますので、
この中で着替えが出来ます。

 

右のドアから入って右側にはゴミ箱と救命胴衣が入っています。
ゴミ箱は
  もえるゴミ
  ペットボトル
  カン・ビン
の3種類を分別します。
プラゴミは・・・、
もえるゴミで良さそうですね。。。

 

今回はお席は584号室の6番。

 

1人あたりのスペースは80cm×180cmくらいでしょうか・・・
小柄な私には十分なサイズですが、大柄の方には窮屈でしょうね。

 

 

枕元には物入れがあり、木の仕切があるのですが、
このように簡単に取り外しできますので、大きな荷物も入れられます。

物入れの上は棚になっているので、
そこにも鞄等を置くことが可能です。

 

ここには貴重品をしまうところがないので、肌身離さずに持っているか、
コインロッカーや貴重品ボックスへ預けることになります。

 

 ・コインロッカー・貴重品ロッカー

 

 

窓は1つだけですが、海が見えます。
ちょうど出窓のようになっているので、
腰掛けたり、机代わりにもなりますよ。

 

コンセントは窓の下に2口しかありませんので、
長時間使用される方は、テーブルタップを
持っていった方がよいでしょう。

 

 

2等和室には女性専用席があり、
入り口にばらマークで表示されています。
予約も一般の2等和室とは別になっているので、
分かりやすくなっていますよ。

 

 

 

さて肝心の乗り心地ですが、昔のフェリーに比べると背中に感じる振動は、
格段に少なくなっています。
 なので枕が変わると寝られないような方でなければ、ぐっすり眠れるのではないかと思います。

 

ただ相部屋なので、「いびき」、「歯ぎしり」といったリスクは避けられませんので、
「アイマスク」や「耳栓」といった自衛グッズを持っていると良いかも知れませんね。

 

 

私が乗船して苦労したのは、お風呂の後のタオルを干す場所がないことでした。
でもこれは太平洋フェリーさんの計らい?により、こんな所で干すことが出来ます。

 

ここは2等和室前の通路で、手すりの部分にホワイトロープが張られているので、
ここに干しておくことが出来ます。

 

 

いしかりの2等和室を見てみる

 

きたかみの2等和室を見てみる

関連ページ

B寝台
「きそ」のB寝台を紹介します。
S寝台
「きそ」のS寝台を紹介します。
1等和洋室
「きそ」の客室を写真と動画で紹介します。
1等洋室
「きそ」の客室を写真と動画で紹介します。
特等洋室
「きそ」の客室を写真と動画で紹介します。
ロイヤルスイートルーム
「きそ」の客室を写真と動画で紹介します。