太平洋フェリー「きそ」に乗船する

苫小牧港から「きそ」に乗船するまで

徒歩で乗船する方が苫小牧港へ行くにはJR苫小牧駅からバスに乗ってくるのが、
一般的ですが、JR札幌駅、JR苫小牧駅、新千歳空港からの直行バスがあります。

 

 ・バスの時刻はこちら

 

 

 

車でフェリーターミナルへ行って、駐車場に置いておくことも出来ますが、
駐車場に管理人は居ないので、駐車は自己責任となります。

 

それでは不安だという方は、苫小牧市内に駐車場+送迎サービスを
やっている会社がありますので、こういった駐車場を使う手もありますね。

 

 ・ニックウパーキング

 

 

 

苫小牧フェリーターミナル

 

車で乗船しない方、または車の同乗者の方はフェリーターミナルからの乗船となります。

 

今回私はネットで二等和室を予約、通常価格は10,800円ですが、
ネット予約すると9,700円になり、1,100円もお得でした。

 

他に乗船28日前までにネット予約すると、早割が適用され、最大半額になりますが、
枠が限られているので、早めに予約しないとすぐいっぱいになります。

 

ネット予約した場合の注意事項として、乗船手続きの際は「予約番号」とネット予約で
申込んだ時に使った「クレジットカード」の提示が必要となります。

 

ではターミナルの中に入ってみましょう。

 

建物の中に入ると左右には待合室へと続く階段が、正面にはエレベーター、その右側には
乗船手続きカウンターへ下りる階段があります。

 

階段を下りると左手に太平洋フェリーの大きな看板が見えています。

 

ここで予約番号を申し出て、クレジットカードを提示します。

 

確認がとれれば乗船券を発行してくれます。

 

乗船券が発行されたら待合室へ移動します。
先ほど下りた階段を上って、左右にある階段を上がっていきますと

 

出港案内が見えてきます。
仙台・名古屋行きの「きそ」の他に、大洗行き、八戸行きもここから出港します。

 

この奥が「きそ」に乗る第2乗船口があります。

 

待合室は明るくて広い!
団体ツアーに乗るお客さんもいっぱい。。

 

待合室後方にはお土産や食品も売っています。

 

 

いよいよ「きそ」に乗船

 

「きそ」は出港2時間前には乗船できます。
では第2乗船口から乗り込んでみましょう!

 

乗船口から続く回廊は明るく、真っ直ぐ「きそ」に向かって伸びています。

 

右手には「きそ」の船体が見えています。なんかワクワクしてくるね〜!

 

振り返るとフェリーターミナルが。。。

 

ここで右折して

 

エスカレーターに乗ります。

 

エスカレーターを下りたら道なりに進んで。

 

ここまで来たらあと一息!
微妙な坂と微妙な段差が重いカートを牽いているので堪えます。。。

 

ようやく「きそ」の乗船口に到着。
チーフパーサーの渥美さんが出迎えてくださいますので、
乗船券の「乗船用」を切ってもらいましょう。

 

乗船券には「下船用」が残っており、
下船の際必要になりますので、
なくさないようにしてくださいね。

関連ページ

名古屋港から「きそ」に乗船するまで
名古屋港から「きそ」に乗船するまでの手順を紹介します。