太平洋フェリー「きそ」のイベント紹介

仙台港への出入港

仙台で乗下船しない、苫小牧ー名古屋への乗客は
ゆっくりと仙台港への出入港が見られます。

 

スカイデッキからだと全体の動きが見られます。

 

 ・スカイデッキはこちら

 

仙台港への接岸は、名古屋港、苫小牧港と違って、
進行方向右側に着岸します。

 

ゆっくりと岸壁に近づき、係留ロープの投げ入れシーンも
見どころですね。

 

接岸するのにも多くの人の手がかかっていることが分かるし、
着岸後に乗り込んでくるお掃除部隊の人数の多さにも
驚くことでしょう。

 

 

大きな船は多くの人によって支えられ、
お客さまに最高のサービスを提供出来るよう
努力されてるんですねー。。。

 

ちょっと感動・・・・・。

 

 

3時間ほどの着岸時間ですが、東日本大震災以降、
下船できなくなっていましたが、2015年3月より上陸が再開されました!
公式ページを見てみる

 

私の暇つぶしはお掃除が終わった頃に
許可を得て客室を見せてもらうことです。

 

次に乗る時はどの部屋にしようか、
家族で乗るにはどの部屋が良いか?

 

いろいろ考えながらお部屋訪問しています。

 

 

船の他に鉄道も好きな私は、スカイデッキに出て
仙台臨海鉄道の貨物列車を遠目に眺めています。

こんな感じで見えますよ。

 

 

参考までにダイヤを載せておきますので、
興味がありましたら眺めてみてください。

 

名古屋港行き
  きそ仙台港着岸10:00
    仙台港発10:25(石油タンク貨車)
    仙台港着10:48(機関車の単機回送)
    仙台港発12:15(石油タンク貨車)
    仙台港着12:38(石油タンク貨車の空回送)
  きそ仙台港出航12:50

 

苫小牧港行き
  きそ仙台港着岸16:40
    仙台港着16:58(機関車の単機回送)
    仙台港発17:05(石油タンク貨車)
    仙台港着17:33(機関車の単機回送)
    仙台港発19:25(海上コンテナ貨車)
  きそ仙台港出航19:40

 

 

 

出航30分前、出航15分前に銅鑼が鳴ります。

15分前の銅鑼が鳴ったらスカイデッキに上がって
サイドランプの収納などを見ていきます。

 

離岸が始まると海鳥がいっぱい飛んできて、
「きそ」を見送ってくれているかのようです。

 

 

大学生とおぼしき乗客が、パンを投げると
海鳥は上手に空中キャッチ!

 

良く慣れているなーと、ちょっと感心。
でも海に向かってパンは投げないように・・。

 

さよなら仙台!また会う日まで・・・

関連ページ

ラウンジ・サザンクロスでのステージ
太平洋フェリー「きそ」で苫小牧港〜名古屋港を往復し、船内設備やイベントのレビューです。
ラウンジ・サザンクロスでの映画上映
サザンクロスでは夜間と午前中に映画上映があります。
ピアノステージでのコンサート
ピアノステージで行われるミニコンサートは人気のイベント。
焼きたてパン販売
マーメイドクラブで販売される焼きたてパンは、すぐに売り切れてしまう人気メニュー!
出航
出航は船旅の始まり。離岸までの船の動きを見るのも楽しいものです。
日の入
夕陽は夏場の出航なら2回見られます。普段見ることのない夕陽が沈む時を楽しむのも船旅の楽しみ。
日の出
水平線から出てくる朝日が見られるのは太平洋を行く船の特権。見ない手はありません!
姉妹船「いしかり」との離合
姉妹船「いしかり」との離合は船旅の見どころの一つ。青い海に浮かぶ白亜の船体の美しさを是非見ていただきたいですね。
名古屋港付近の見どころ
名古屋へ出入港する「きそ」からは、様々な建造物が見られます。