太平洋フェリー「きそ」の設備・イベント紹介

太平洋フェリー「きそ」は、名古屋ー仙台ー苫小牧を結ぶ豪華フェリー

「きそ」に乗船するのに、チケットの予約方法、港での乗船方法をチェック!
客室は12種類あり、設備も多く充実していますし、長旅が楽しめるようなイベントも豊富です。

 

また「きそ」の船旅を目一杯楽しむために、客室を選び、食事や施設をチェックし、
イベントを把握しておくことをオススメします♪

 

 

「きそ」の客室は全部で12種類

「きそ」の客室は全部で12種類あります。 一部の客室は渥美チーフパーサーのご厚意により、
ビデオ撮影させていただきましたので、客室は写真または動画で紹介します。

 

 ・ 客室紹介はこちら

 

「きそ」の船内設備

「きそ」は大きなフェリーなので船内設備も数多くあります。
その設備を各デッキ毎に、事細かに紹介していきます。

 

 ・ 船内設備紹介はこちら

 

「レストラン・タヒチ」のバイキング料理

船旅の楽しみは何と言っても食事!
レストランのレビューは事細かに行いましたので、豪華なお食事をご覧ください。

 

 ・ レストラン紹介はこちら

 

「きそ」のイベント・見どころ

施設以外にも色んなイベントや見どころがありますので、内容、時間、場所を紹介していきます。

 

 ・ イベント紹介はこちら

 

苫小牧港から「きそ」に乗船する

フェリーターミナルに着いてから、乗船券の発券方法、乗船口から「きそ」への
乗船道順を詳細にリサーチ。 迷わずに乗船できるよう、指南します。

 

 ・ 各港からの乗船はこちら

 

インターネット予約でお得に

このサイトでは「きそ」のインターネット予約の方法を新規登録から、
クレジット決済までの手続きを紹介します。

 

 ・ インターネット予約ページはこちら

 

太平洋フェリーは3隻が就航

 

苫小牧港から仙台港、そして名古屋港へ航行しているのが太平洋フェリーで、
就航している船は「きそ」と「いしかり」、そして苫小牧港から仙台港へは
「きたかみ」が就航しています。

写真は「きそ」

 

 

 

 

 

約40時間の長距離フェリー

 

苫小牧港ー仙台港は560kmを15時間、仙台港ー名古屋港は770kmを21時間40分
かかって航行し、苫小牧港ー名古屋港は39時間30分かかります。
苫小牧港ー名古屋港を夏場に乗船すると、夕陽が2回、朝日が2回見られます。

 

「きそ」は豪華で大きな人気のフェリー

 

今回乗った「きそ」は就航から9年運行している絢爛豪華なフェリーで、
客室や設備にもフェリー・オブ・ザ・イヤーを受賞するだけの凝った作りが見られますね。

 「きそ」のデータ

   ・総 ト ン 数 : 15,795トン

   ・全    長 : 199.9メートル

   ・全    幅 : 27.0メートル

   ・最 大 速 力 : 26.73ノット

   ・最 大 出 力 : 32,200馬力

   ・旅    客 : 768名

   ・乗  用  車 : 113台

   ・エレベーター : 3基

大きな白亜の船体に濃紺のピンストライプがカッコイイですね!

北海道の人気ドライブ&ツーリングロード

「きそ」に乗って、車やバイクで北海道へドライブ&ツーリングされる方に
人気のある道路をご紹介します。

 

 ・人気ドライブ&ツーリングロードはこちら